好印象を与える看護師の志望動機

看護師が転職を考えた場合、希望する転職先に好印象を持ってもらえるポイントを押さえて志望動機を書くことで、有利に転職活動を進めたいものです。志望動機を書く際には、まず希望の転職先で長く働きたいことを伝えるのが注意したいポイントと言えます。自分の経験やスキルを希望する転職先の職場でどのように活かしていきたいか、何に魅力を感じて志望しているのか、どこに将来性を感じているのかなど一貫性を持たせた内容にしましょう。そのためには、希望する転職先の職場の情報収集が大変重要になってきます。自分がなりたい看護師像と、最先端医療を行う病院や救急医療に取り組んでいる病院、専門分野の病院、地域に密着しているクリニックといった希望する転職先の理念の方向が同じなら、自然と将来性を感じられて好印象を持ってもらえます。逆に、福利厚生が良いからという理由や、学びたいというポジティブなものでなく学ばせてほしいといった受け身な表現は避けましょう。また、転職の理由が人間関係のトラブルが原因だったというようなネガティブな内容だと、同じことがあった場合にまた辞めてしまうのではないかとの印象を与えてしまいます。この場合、ネガティブな内容をポジティブな言い回しに変換することがポイントです。前の職場では叶えられない希望も、転職先の職場なら思い描いている看護師になれると感じたといったように、将来性を感じる志望動機だと長く働きながらスキルアップしたいと好印象を与えることができます。

2024年2月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
26272829