悩みがちな逆質問のポイント

面接では多くの場合、何か質問はないかと聞かれます。その際には何も質問しなければ、意欲がないとみなされてしまいかねません。かと言って、質問の内容によっては合否が左右されることもあるため、この逆質問にどう対応するかも面接では重要になってくるでしょう。そもそも面接でなぜこのような逆質問をするのかについては、希望者の意欲やコミュニケーション能力を知るためだと言われています。応募する際は希望先の職場についていろいろと調べているはずです。何も質問をしないとその職場に興味がなく、志望意欲が低いとみなされてしまいます。また、逆質問を促された際にしっかりと対応し、自分の考えを述べられるかどうかによってコミュニケーション能力のチェックが行われていることが窺えます。次に、実際に質問する際に知っておきたい対策のポイントとしては、逆質問は自己アピールできるチャンスとして捉えることが挙げられます。そのため、自分の意欲や長所などをアピールできるような質問内容を事前に考えておくことが重要だと言えるでしょう。ただし、質問は何でも聞いて良いわけではなく、マナーを知っておくことも大切です。聞いてはいけない質問としては、前もって調べておけばわかるような質問やすでに話したことを繰り返すような質問が挙げられます。さらに、給料や休日などに関する質問もあまり露骨に行うと悪い印象を与えてしまうため、質問の仕方には配慮が必要でしょう。

2024年2月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
26272829