医療職が押さえておくべき転職のコツ

医療職の仕事は厳しいことで有名です。日本の高齢化社会に伴って医療現場の負担は増え、過酷な環境で業務にあたっている医療従事者は少なくありません。しかし、勤務する職場によってスタッフの負担を減らしたり、業務内容や量に見合う給料を払っていたりする場所も存在します。働く身としてはそんな職場で働きたいと考えるでしょう。魅力的な職場は、採用の倍率も上がりやすいです。倍率が高くても採用されたいと考える人が押さえるべき転職のコツがあります。面接の合否は最初の5秒で決まると言われています。メラビアンの法則によれば、出会って数秒で第一印象が決まるのです。つまり、面接する部屋に入った瞬間から数秒の間で、いかに好印象を与えられるかが採用されるための鍵となります。メラビアンの法則では、好印象かどうかの判断は大体が見た目で決まると言われています。頭髪や着ている服、足元はもちろん指先の清潔さなどです。そして、身につけているものだけでなく、どのような姿勢でいるのか、どのような表情で話し、話を聞くのかも見られています。面接では今まで何をしていたのか、どうして転職を考えここで働きたいと思ったのか、そうした話に重きが置かれていると考える人は多いでしょう。ですが、すでに見た目や雰囲気で第一印象は決まっています。そのため、面接当日は質問にどう応えるか悩むのではなく、自分史上最高の見た目や姿勢、話し方を心がけて胸を張って面接に挑むことが大事です。すると、数日後に素敵な知らせが届くかもしれません。

2024年2月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
26272829